八戸学院光星 4強ならず 阪神・北條弟は11の0無念敗退

[ 2014年8月23日 05:30 ]

<敦賀気比・八戸学院光星>敦賀気比ナインと健闘をたたえ合う八戸学院光星・北條

第96回全国高校野球選手権準々決勝 八戸学院光星2―7敦賀気比

(8月22日 甲子園)
 八戸学院光星(青森)打線が4安打に封じられ2年ぶりの4強入りはならなかった。

 阪神・北條の弟・裕之は3試合で11打数無安打。11、12年と2年連続で準優勝した兄を超えることはできず「こういう大舞台で打たないと意味がない。気持ちの弱さが出た。自分の力がなかった」と肩を落とした。今後については「プロで兄と一緒にプレーできるように、大学か社会人に行ってレベルを上げたい」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年8月23日のニュース