西武・野上 登板129試合目で初完投「変な空間にいた感じ」

[ 2014年8月23日 05:30 ]

<日・西>6勝目を挙げファンの声援に応える野上

パ・リーグ 西武11-1日本ハム

(8月22日 札幌D)
 西武・野上が6年目で初完投し、6勝目を挙げた。

 登板129試合目、さらに先発ではプロ野球で最も遅い73試合目での達成に「恥ずかしい。(最後は)変な空間にいた感じ」と照れくさそうに笑った。力みのないフォームから低めを突き、連打を許さなかった。8回に失策絡みで1失点したが、大量リードに守られ、課題だった終盤の壁を打ち破った。テンポ良く113球を投げ切り「リラックスしながら、140キロいかない球で抑えられた」と気持ちよさそうに汗を拭いた。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2014年8月23日のニュース