×

日本ハム 自力V消滅 首位と今季最大9・5差「下向いている暇はない」

[ 2014年7月23日 21:45 ]

 日本ハムはオリックスの吉田一に手も足も出なかった。

 7回1死から中島のチーム初安打で完全試合を阻止するのがやっとで、8回まで1安打に終わった。9回に代打で打席に立った大谷が「真っすぐ狙い。ヒットゾーンに飛んでくれた」と平野佳から二塁内野安打をもぎ取って無死一塁としたが、後続が凡退した。

 後半戦で3連敗し、自力優勝の可能性が消えた。2日以来の借金で、首位とは今季最大の9・5ゲーム差。栗山監督は「しっかり受け止めて、下向いている暇はない。やるしかない」と矢継ぎ早に話した。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2014年7月23日のニュース