中畑監督 銀行とタッグで借金完済だ!期限は8・8設定

[ 2014年6月20日 11:08 ]

ユニホームを手に勝利を誓う(左から)山口、池田純球団社長、寺沢・横浜銀行代表取締役頭取、中畑監督、三浦

 DeNAの中畑監督が、横浜銀行とのタッグで「借金完済」の期限を8・8に設定した。

 3年目となるスペシャルユニホームで臨む「YOKOHAMA STAR☆NIGHT 2014」(8月8~10日のヤクルト戦)で、横浜銀行がイベントパートナーとして特別協賛することが決定。指揮官は「強力なスポンサーを得ました。そこまでに5割に行くのが(優勝争いに加わる)最低条件」と語った。

 現在借金11で、特別イベントまでに借金を完済するには、34試合で23勝11敗がノルマ。目標を遂行する「特命先発陣」のキーマンに山口、三浦を指名し「山口は柱になってもらわないと困る。(三浦)大輔も5番手の投手で考えている」と期待を込めた。かつては相手球団に貯金を与えることから「横浜銀行」と呼ばれたこともあったが、そのイメージを払しょくする。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年6月20日のニュース