ルーキー大瀬良が1位 球宴ファン投票の最終中間発表

[ 2014年6月20日 17:27 ]

 プロ野球マツダオールスターゲーム2014(第1戦=7月18日・西武ドーム、第2戦=同19日・甲子園)のファン投票の最終中間発表が20日、行われ、セ・リーグは広島が先発投手部門のルーキー大瀬良など5部門でトップに立った。最終結果は27日に発表される。

 パ・リーグの先発投手部門はオリックスの西が1位となり、昨年は外野手部門で選出された日本ハムの大谷は2位につけている。パ首位のオリックスは糸井が両リーグを通じて最多の30万4419票を得るなど10部門中5部門で1位を占めた。セの最多得票は20万3176票を集めた鳥谷(阪神)だった。

 選手間投票の発表は30日に行われ、監督推薦を含む全出場選手は7月3日に発表される。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年6月20日のニュース