ソフトB柳田 殿堂入りは「野球下手だし、無理っしょ」

[ 2014年6月20日 14:57 ]

 ソフトバンク・柳田悠岐外野手は20日、チームメートの松田宣浩内野手、本多雄一内野手、中村晃外野手とともに「プロ野球80周年記念 12球団選手による野球殿堂への訪問」事業で東京ドームの野球殿堂博物館を訪れた。

 868本塁打の世界記録を誇る王貞治会長、故郷・広島のスターである衣笠祥雄氏の展示や殿堂レリーフを興味深そうに見入った若き大砲候補は「早起きしてよかったです。王さんの記録をみたら、三振も少ないし(歴代17位の通算1319)、意外に盗塁もしている(通算84)」と感心しきり。

 19日の試合終了時でパ・リーグ2位の打率・333、8本塁打、35打点と好調を維持しているが、自身の殿堂への挑戦については「野球下手だし、無理でしょ(笑い)。26歳で伸びしろもないし、記憶に残る選手になりたい」と謙虚だった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年6月20日のニュース