阪神 楽天戦へ闘志「そういう投手を打ち崩すと力が付いてくる」

[ 2014年6月20日 18:16 ]

 阪神は20日、交流戦最後のカード、楽天戦に向け甲子園球場で全体練習を約2時間行った。

 21日の先発は3日の試合と同じ顔ぶれだ。則本から7回で1得点だった打線に、和田監督は「そういう投手を打ち崩すと力が付いてくる。チーム自体も盛り上がってくる」と、シーズン再開への弾みの一戦と捉える。

 阪神の先発はメッセンジャー。前回は八回まで0点に抑えながら、9回に2失点してサヨナラ負けにつながっただけに「やり返したいと思っている」と闘志を燃やした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年6月20日のニュース