山本昌 愛妻料理で5キロ減量 48歳新婚おのろけ全開

[ 2014年1月6日 05:30 ]

トークショーを行った中日・山本昌

 球界最年長左腕にまさかの「新婚効果」だ。中日の山本昌投手(48)が5日、名古屋市内でトークショー。年末にハワイで16歳年下の美智子さんと挙式した大ベテランは、新妻の手料理で5キロの減量に成功したことを告白した。現体重は「この時期では90年代前半以来」という97キロ。約20年ぶりの新年100キロ切りで14年をスタートさせた。

 「48歳で新婚も何もないんだけど、料理効果みたい。野菜を最初に食べるとか、汁物から口に入れるとか、夜7時以降は食べないとかね。もうすぐダイエット本を出せるぐらいだよ」

 この日は引き締まった若々しい顔で登場。11年に前妻と離婚していた左腕だが、料理上手な新妻が強力サポートすることになった。カロリーや栄養バランスを考えた手料理だけでなく、太らない食べ方も助言され「“こうすればいいみたいよ”と教えてくれるんで」とのろけっぱなしだった。

 もちろん、ハワイでも走り込むなどトレーニングも欠かさない。この日もナゴヤ球場で汗を流した。契約更改では落合GMから50歳までの現役を保証する事実上の2年契約を提示されたが「GMはああ言ってくれたけど、自分はそういう線引きはしていない」と、49歳を迎える今季も引退覚悟で挑む。昨季は2度の足のケガに悩まされたが「そういう意味でも体重を減らしたかった」。自称「球界のシーラカンス」が軽量ボディーでさらなる進化を遂げる。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年1月6日のニュース