ボイコット騒動の松中 麻生元首相から言葉贈られる

[ 2014年1月6日 05:30 ]

今年の目標を「堅忍不抜」と掲げる松中

 ソフトバンクの松中が福岡空港発の航空機で自主トレ先の米グアムへ出発した。昨年は6月に起用法の不満から交流戦優勝セレモニーをボイコットし、その後、2軍暮らし。

 オフには知人を介し、麻生太郎副総理から我慢強く耐え忍び、心を動かされない意味の「堅忍不抜」(けんにんふばつ)の言葉を贈られ、今季のテーマに設定した。「知人を通じ、麻生さんに頂いた。昨年は(心が)ぶれてしまった。ことしは何事にも心折ることなくやる」。シーズン後に6%絞って体脂肪率は16%。肉体面も磨き上げた平成唯一の3冠王が巻き返す。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年1月6日のニュース