オリックス糸井が自主トレ公開 フリー打撃で早くも柵越え

[ 2014年1月6日 17:39 ]

自主トレーニングでキャッチボールするオリックス・糸井

 オリックスの糸井嘉男外野手が6日、浜松市内の球場で報道陣に自主トレーニングを公開し、ソフトバンクの柳田悠岐外野手らと約6時間、キャッチボールや打撃練習などで汗を流した。

 年末年始は海外で休養していたという糸井は「太ったと思う。思っていたよりも体は動かない」と言いながら、フリー打撃では柵越えの打球も。「トリプルスリー(打率3割、30本塁打、30盗塁)を目指していきたい」と抱負を語った。

 漢字一文字で表した今年の目標は「勝」。糸井は「勝ちたい。11月まで真剣勝負をしたい。そのために頑張りたい」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年1月6日のニュース