DeNA三浦 中畑発言に“怒”「やってやろうという気持ち」

[ 2014年1月6日 05:30 ]

1回を三者凡退に抑え、握手を交わすのどごしオールスターズ先発の三浦(左)と細川

のどごし 夢のドリーム プロ野球

(1月5日 東京ドーム)
 41歳シーズンを迎えるDeNA・三浦が闘志をたぎらせた。

 昨年末に中畑監督が今季の先発構想に言及。「三浦、藤井は今は入っていない。(三浦)大輔がいなくてもローテーションを組める」と発言したことに、ベテラン右腕は「“怒”というマークをつけといて。なんで?って。若いもんを使っていくなら年齢的にどうしようもないが、勝負させてくれるなら自信はある。やってやろうという気持ち」。

 昨季はチーム最多の175回2/3に登板しただけに、「(兼任)コーチの立場ではみんな頑張ってほしいけど、あのメンバーでオレが一番(先発を)取りたいと思っている」と強調した。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年1月6日のニュース