カージナルス 5番がブレーキに 2併殺打&2三振

[ 2013年10月18日 06:00 ]

<ドジャース・カージナルス>初回、併殺打に倒れるモリーナ

ナ・リーグ優勝決定シリーズ第5戦 カージナルス4―6ドジャース

(10月16日 ロサンゼルス)
 2年ぶりのワールドシリーズ進出へ王手をかけて臨んだ一戦は、カージナルスの5番モリーナがブレーキとなった。

 初回1死満塁の先制機と、2―2の3回1死一、三塁でいずれも併殺打。残りの2打席は三振に倒れた。「この試合で決めたかったが、望む結果にはならなかった。これも野球」。捕手としても4本塁打を喫する悔しい内容だったが、本拠地へ戻る第6戦へ気持ちを切り替えた。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2013年10月18日のニュース