中大 崖っ縁残った!今季初先発の2年・山手がリーグ戦初勝利

[ 2013年10月18日 06:00 ]

<中大・駒大>リーグ戦初勝利を挙げた山手

東都大学野球第6週第3日 中大9―3駒大

(10月17日 神宮)
 <中大>敗れれば最下位が確定する崖っ縁の一戦で逆転勝ちを収めた。

 今季初先発した2年生右腕の山手が7回を4安打2失点で踏ん張り、リーグ戦初勝利。「負けたら入れ替え戦のプレッシャーはあった。うれしいのとホッとした気持ち」と笑顔を見せた。金光学園(岡山)では甲子園出場はなし。無名投手の快投に、秋田秀幸監督は「緩急を使ってよく投げてくれた」と称えた。

 ▼駒大・江越(初回に今季3号となる右越え2ラン)練習の成果が出ている。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2013年10月18日のニュース