PS7試合目で初失点の田沢 敵地で連勝「そこは大きいかな」

[ 2013年10月18日 15:41 ]

タイガース戦の6回、ペーニャ(奥)に適時打を浴びたレッドソックス・田沢
Photo By スポニチ

ア・リーグ優勝決定シリーズ第5戦 レッドソックス4―3タイガース

(10月17日 デトロイト)
 ○…レッドソックスの田沢は6回1死一、二塁で先発レスターを救援し、最初の打者にいきなり左前適時打を許した。

 7回も2連打で無死一、三塁。カブレラを二ゴロ併殺打に仕留めてダメージを最小限にしたが、三塁走者が生還し、ポストシーズン7試合目の登板で初めて失点が付いた。

 さえない表情ながら、チームはリーグ制覇にあと1勝とし「そこは大きいかなと思う。次もしっかりと準備して臨まないといけない」と前を向いた。(共同)

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2013年10月18日のニュース