マギー「手ごわい投手」西野から追加点 ジョーンズ三振帳消し

[ 2013年10月18日 06:00 ]

<楽・ロ>8回2死一、二塁、適時左前打を放つマギー。投手・西野

パ・リーグCSファイナルステージ第1戦 楽天2―0ロッテ

(10月17日 Kスタ宮城)
 楽天・マギーが試合を決定付ける追加点をもたらした。1―0の8回2死一、二塁で西野から左前適時打を放った。

 4番のジョーンズが空振り三振に倒れた直後に中軸の仕事を果たし「手ごわい投手だが、自分が力強くスイングできる球を待った。いいスイングができた」とうなずいた。エース田中を擁し負けられない初戦を制した。球団初の日本シリーズ進出に一歩近づき「特別な雰囲気があったが、それがポストシーズン。勝ったことが何より大きい」と話した。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2013年10月18日のニュース