育成出身ルーキー宮川がプロ初勝利 ウイニングボールは最愛の父へ

[ 2013年8月4日 17:22 ]

プロ初勝利を挙げ、ウイニングボールを手にポーズをとる楽天・宮川

パ・リーグ 楽天14―4日本ハム

(8月4日 札幌D)
 楽天は育成出身のルーキー宮川が5回からリリーフし、3回を1失点に抑えてプロ初勝利。育成で入団した選手がルーキー年に白星を挙げるのは史上初となった。

 ヒーローインタビューを受けた22歳は「素直にうれしい。ラッキーかなと思います」と初々しい笑顔。5回2死からアブレイユに一発を浴び、なおも中田の二塁打などで一、二塁のピンチを招いたが、小谷野をスライダーで左飛。6回も連打を浴びたが陽、大引を打ち取って無失点でしのぎ、「ゼロに抑えることが自分の仕事。戦力の一員として戦っているので、任されたマウンドは抑えたい」と力強く語った。

 今季、大体大から育成ドラフト1巡目で入団し、4月に2軍の先発ローテーションに定着。14試合で3勝0敗、防御率2・89の成績が評価され、6月に支配下登録されて即1軍に昇格した。そして1軍9試合目でつかんだプロ初白星。ウイニングボールは誰に贈るかと尋ねられると「お父さんがずっとひとりで育ててくれたので」と最愛の父へのプレゼントにすると明かした。

続きを表示

この記事のフォト

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2013年8月4日のニュース