阪神150キロ大型右腕獲りへ 救援で期待

[ 2013年5月19日 06:00 ]

 阪神が獲得を目指している新外国人投手として、前ロイヤルズ傘下3Aオマハのブレイン・ボイヤー投手(31)を最有力候補に絞ったことが18日、分かった。

 1メートル91、102キロの大型右腕で、150キロ超えの直球を武器に打者をなで斬る典型的なパワーピッチャー。05年6月、ブレーブスでメジャーデビューすると1年目から中継ぎとして43試合に登板し、4勝をマーク。さらに08年には76試合に登板するなど、タフネスぶりも魅力の1つだ。

 チームは開幕から安藤、福原、久保のベテラン右腕3人が「勝利の方程式」を形成。しかし、守護神・久保は4月29日から5月8日にかけて4試合連続失点するなど不安定。福原は腰の張りを訴えて15日に出場選手登録を抹消され、苦しい台所事情となっている。メジャー通算233試合登板の実績を誇る助っ人には、疲れの見え始めたブルペンの救世主として大きな期待がかかる。

 ◆ブレイン・ボイヤー 1981年7月11日、米ジョージア州生まれの31歳。05年、ブレーブスで大リーグデビュー。08年には76試合に登板するなど中継ぎとして活躍した。メジャー通算233試合、9勝14敗2セーブ、防御率4・81。1メートル91センチ、102キロ。右投げ右打ち。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年5月19日のニュース