西岡、交流戦最多の初回先頭打者弾5本目

[ 2013年5月19日 08:18 ]

<神・ソ>1回無死、西岡は先頭弾

交流戦 阪神9-5ソフトバンク

(5月18日 甲子園)
 阪神・西岡が初回先頭打者本塁打。自身初回先頭打者弾はロッテ時代の10年9月20日楽天戦でマークして以来3年ぶり通算18本目。交流戦では通算5本目で坂本(巨人)の4本を抜いて最多になった。

 また、この日は初回に新井良が満塁本塁打。初回に先頭打者本塁打と満塁本塁打のそろい踏みは珍しく、96年4月3日ダイエー戦で日本ハムの上田、デューシーが記録して以来17年ぶり。阪神では球団史上初めてだ。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2013年5月19日のニュース