オリックス・大引結婚 交際2年でゴールイン

[ 2012年12月6日 06:00 ]

 オリックスの大引啓次内野手(28)が結婚することが5日、分かった。お相手は東京都出身の28歳の元会社員で、年内に婚姻届を提出、来年オフに披露宴を行う。森脇監督から坂口、T―岡田とともにリーダー候補に指名されている背番号10が愛妻とのタッグでチームを優勝へ導く。

 堅実なプレースタイル同様、私生活でも足元を固めた。関係者によると、お相手はスラっとした高身長で瞳が大きく、ゴルフが得意なスポーツウーマン。出会いは2011年1月に、知人の紹介で知り合った。積極的なアプローチが実り、2年間の交際を経てゴールインする。

 今季は腰痛などで110試合の出場にとどまり、打率・224。チームも最下位に沈んだ。「強い気持ちでチームをいい方向に持っていく」。掲げたスローガンは「WE CAN DO」(僕たちはできる)。大引がチームを引っ張っていく。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2012年12月6日のニュース