ヤ軍グランダーソンが講演 社会貢献活動呼び掛ける

[ 2012年12月6日 20:28 ]

 ヤンキースのグランダーソン外野手が6日、東京都内の早大で社会貢献活動について講演した。ハリケーン「サンディ」の被害を受けた学校に1万冊の本を送る活動を進めていることなどを紹介し「皆さんも地域社会を助ける活動を続けてほしい」と呼び掛けた。

 今季自己最多の43本塁打を記録したグランダーソンは、大リーグ機構が推進する国際交流の親善大使として来日。9日には東日本大震災で被災した宮城県の石巻市と名取市を訪問し、野球教室を行うことになっている。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2012年12月6日のニュース