オリックス期待の星・宮崎 “笑撃”の痔手術告白

[ 2012年12月6日 06:00 ]

 後半戦の2発で来季の期待の星に名乗りを上げたオリックス2年目の宮崎は100万円増の年俸1100万円(推定)で契約を更改した。

 会見では来季の課題などを話していたが、6月に痔(じ)の手術で2週間入院していたことを告白すると、一転“痔談議”に脱線。「この話しはしたくなかったんですけれど…」と言いながらも「イボとキレが合コンしていて」という生々しい表現で報道陣を笑わせていた。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2012年12月6日のニュース