大石 100万円増「勝ち試合であまり投げていない」

[ 2012年12月6日 15:50 ]

 西武の大石が6日、100万円増の年俸1600万円で契約を更改した。

 ドラフト1位で入団し2年目の今季はプロ初登板を果たし、24試合で1勝1敗、防御率2・75。「1軍で投げられたのは大きな経験だが、勝ち試合であまり投げていないので悔しい」と語り、来季は救援投手として成長を誓った。

 自己最多の107試合に出た大崎は1300万円増の2800万円でサイン。背番号が「0」から「9」に変わることが決まった。チーム最多の59試合に投げた岡本篤は800万円増の3700万円で更改した。(金額は推定)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年12月6日のニュース