相川は減俸の1億1000万 骨折響き「最悪の1年」

[ 2012年12月6日 18:11 ]

契約更改を終え、会見するヤクルト・相川

 ヤクルトの相川亮二捕手が6日、東京都内の球団事務所で1000万円減の年俸1億1000万円プラス出来高払いで来季の契約を更改した。右足親指の骨折、左肋軟骨骨折などの影響で72試合の出場にとどまり「最悪の1年だった。しっかり1年戦える体と心の準備をしたい」と巻き返しを誓った。

 来年3月のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の日本代表候補にも選ばれた。第1回大会の代表で「僕らベテランが一つにチームをまとめていきたい」と話した。(金額は推定)

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2012年12月6日のニュース