5連勝目前で…山口が“独り相撲”

[ 2012年9月28日 22:58 ]

セ・リーグ DeNA3-3巨人

(9月28日 横浜)
 DeNAは山口が独り相撲を演じた。1点リードの9回からマウンドに上がり、いきなり先頭に四球。2死二塁となって代打村田を迎えると、二つの暴投で同点を許した。

 5連勝が目前だっただけに、山口は「本当に1球で決まる。それを自分でも感じた」と抑え投手を任される厳しさを痛感した様子。中畑監督も「1球の怖さをしみじみと感じた。負けたような気分」と元気がなかった。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2012年9月28日のニュース