バレンティン30号勝ち越し弾!阪神14安打も12残塁

[ 2012年9月28日 21:20 ]

セ・リーグ ヤクルト6―3阪神

(9月28日 神宮)
 3点を追うヤクルトは、相川が2回に2点適時打、7回に同点打。8回はバレンティンが勝ち越しの30号2ランを放った。9回を締めたバーネットが31セーブ目。阪神は14安打を放ちながら初回の3点だけで12残塁。岩田の続投も裏目。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2012年9月28日のニュース