阪神 城島が引退表明 負傷に苦しみ今季出場わずか24試合

[ 2012年9月28日 14:28 ]

試合を締め、握手をかわす城島(右)と藤川

 阪神の城島健司捕手(36)が28日、兵庫県西宮市内のホテルで会見し、今季限りでの現役引退を表明した。

 城島はマリナーズを退団した09年オフに阪神と4年契約。来季が最終年となるが、左膝痛などの影響で満足のいくプレーができず、今季は出場わずか24試合。「思うようなプレーができない」とユニホームを脱ぐことを決断した。今後については未定。

 城島は大分・別府大付(現明豊)から1995年にドラフト1位でダイエー(現ソフトバンク)に入団。2度の日本一に貢献し、05年オフにマリナーズにFA移籍。09年オフに阪神で日本球界に復帰した。

 日本での14年間の通算成績は1323試合で打率2割9分6厘、244本塁打、808打点。メジャー4年間の通算は462試合、打率2割6分8厘、48本塁打、198打点。

続きを表示

この記事のフォト

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2012年9月28日のニュース