12球団ズラリ!巨人は最多8人で視察「制球が抜群」

[ 2012年9月2日 06:00 ]

<亜大・東洋大>亜大・東浜を視察する巨人の(左から)藤本スカウト、山下スカウト部長、織田スカウト、榑松スカウト、吉武スカウト、柏田スカウト

秋季東都大学野球 亜大2―1東洋大

(9月1日 神宮)
 ネット裏のスカウト陣は、走者を出しても得点を許さない亜大・東浜の粘りの投球を評価した。

 西武・奥薗満編成部部長は「春よりも腕が振れている。初回は失点したが、その後をどう抑えるかが勝てる投手とそうではない投手の差。当然上位で消える選手」と東浜の高い修正能力に目を細めた。広島・尾形佳紀スカウトは「実績があるし、評価は変わらない」とし、ソフトバンク・宮田善久スカウト部長補佐は「これから涼しくなっていけば、まだまだ良くなると思う」と話した。12球団最多の8人態勢で視察した巨人の山下哲治スカウト部長は「1イニング目は悪かったけど修正した。球は浮かないし、コントロールが抜群だった」と絶賛していた。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2012年9月2日のニュース