零敗で2位と3・5差 小川監督「投手に申し訳ない」

[ 2011年8月29日 06:00 ]

<神・ヤ> 9回、三振を喫しベンチへ戻る青木

セ・リーグ ヤクルト0-1阪神

(8月28日 甲子園)
 ヤクルト打線は散発4安打で零敗を喫した。

 先頭打者が3度出塁も後続が凡退。阪神には5カード連続勝ち越しなしとなり、伊勢総合コーチは「メッセンジャーには力負け。久保には技術負け」。対阪神戦3勝10敗のうち、8敗を喫している苦手投手2人について自嘲気味に話した。阪神、中日、巨人の3チームに3・5ゲーム差に迫られ、小川監督は「ゲーム差うんぬんより、0―1という負け方が投手に申し訳ない」と渋い表情だった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年8月29日のニュース