尚成、今季2セーブ目 満塁のピンチ併殺打に仕留めた

[ 2011年8月29日 06:00 ]

ア・リーグ エンゼルス8―4レンジャーズ

(8月27日 アーリントン)
 エンゼルス・高橋が、好救援で今季2セーブ目を挙げた。

 抑えのウォルデンが8―4の9回に1死満塁とピンチを招き降板。打席にはこの日2ランを放っている左打者マーフィーという場面でマウンに立ち、外角低め直球で二ゴロ併殺打に仕留めた。派手なガッツポーズを繰り出し、試合後も「開き直って投げるしかなかった。慎重になりすぎず大胆にいけた。(メッツ時代の昨季に)抑えをさせてもらった経験が生きている」と興奮冷めやらぬ様子。レ軍との首位攻防戦を制し、2ゲーム差に肉薄した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年8月29日のニュース