平野 由規からV打 真弓監督「やっぱり平野でしょう」

[ 2011年8月29日 06:00 ]

<神・ヤ>身長差コンビンの平野(左)とメッセンジャーはお立ち台でグータッチ

セ・リーグ 阪神1-0ヤクルト

(8月28日 甲子園)
 阪神は7回1死一、二塁で由規の初球の直球を平野が左前打。

 均衡を破る一打はそのまま決勝打となり「打てて良かった」とお立ち台で充実感をにじませた。2番・二塁が昨季までの定位置だが、今季はマートンが不調なら1番を務め、関本の打撃が好調なら中堅も守る。「大変だけど、チームに貢献するのが一番だから」と話す万能プレーヤーを真弓監督も「やっぱり、平野でしょう」と称えた。

 ▼阪神・メッセンジャー(25日に第3子が生まれ、7回無失点でチーム最多の9勝目)うれしい。興奮した。いろいろなエネルギーがめぐっていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年8月29日のニュース