阪神珍し「代走の代走」一塁代走の野原将が二塁進塁で

[ 2011年8月29日 06:00 ]

セ・リーグ 阪神1-0ヤクルト

(8月28日 甲子園)
 阪神は7回、代走に代走を送る珍しいシーンがあった。

 1死から藤井彰、代打・桧山の連打で一、二塁とすると、まず一塁走者の桧山に代わり代走・野原将を起用。続く平野の左前適時打で1点を勝ち越し、なおも一、二塁としたところで、今度は野原将に代わって大和が代走に起用された。木戸ヘッドコーチは「勝ち越したんでね」とさらなる追加点をもくろんでの起用だったことを示唆。この代走がプロ初出場となった野原将は「少しでも(グラウンドに)立てましたし、良かった」と笑顔を見せた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年8月29日のニュース