中日・野本、横浜・松本ら新人7選手が開幕1軍

[ 2009年4月1日 18:15 ]

 セ、パ両リーグは1日、開幕戦でベンチ入りが可能な出場選手登録名簿を公示し、新人では中日の野本外野手ら計7人が入った。高校出のルーキーは1人も登録されなかった。

 昨季の最下位から巻き返しを図る横浜は松本外野手、山崎内野手、細山田捕手の新人3人が登録された。
 ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)日本代表として2連覇に貢献した横浜の村田内野手は右脚、阪神の岩田投手は左肩を痛め、登録を見送られた。
 巨人の高橋由外野手は腰痛により、プロ12年目で初めて開幕1軍メンバーから外れた。阪神の矢野捕手は左ふくらはぎ痛、広島の前田智外野手は腰痛など、ソフトバンクの多村外野手は右肩痛を理由に2軍スタートとなった。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2009年4月1日のニュース