サブカテゴリー

FIFAランキング

2017年1月

 国際サッカー連盟(FIFA)は12日、最新の世界ランキングを発表し、ワールドカップ(W杯)アジア最終予選B組の日本は順位を一つ下げて46位となり、アジアの4番手に後退した。同組のオーストラリアが44位に、サウジアラビアが48位にそれぞれ浮上。A組首位のイランは29位のままアジア最上位で、韓国も37位で変わらなかった。

 1位アルゼンチン、2位ブラジル、3位ドイツなど上位に変動はなかった。

1(1)アルゼンチン

2(2)ブラジル

3(3)ドイツ

4(4)チリ

5(5)ベルギー

6(6)コロンビア

7(7)フランス

8(8)ポルトガル

9(9)ウルグアイ

10(10)スペイン

11(11)スイス

12(12)ウェールズ

13(13)イングランド

14(14)クロアチア

15(15)ポーランド

16(16)イタリア

17(17)コスタリカ

18(18)メキシコ

19(19)ペルー

20(20)エクアドル

21(21)アイスランド

22(22)オランダ

23(23)アイルランド

24(24)トルコ

25(25)スロバキア

26(26)ハンガリー

27(27)ボスニア・ヘルツェゴビナ

28(28)米国

29(29)イラン

30(30)ウクライナ

−以下 アジアサッカー連盟加盟主要国−

29(29)イラン

37(37)韓国

44(47)オーストラリア

46(45)日本

48(54)サウジアラビア

61(62)ウズベキスタン

64(64)UAE

81(82)中国

85(87)カタール

96(96)シリア

107(105)ヨルダン

119(119)イラク

122(120)フィリピン

121(122)オマーン

[ 2017年1月12日 05:30 ]

Webtools & Bookmarks

バックナンバー

スポニチwikiランキング

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      Jリーグ

      日本代表

      海外サッカー

      コラム

      スペシャルコンテンツ