PR:

ハム“強行指名”に拍手とざわめき…菅野、胴上げは中止

プロ野球ドラフト会議で2球団が1位指名で競合した東海大・菅野智之投手を引き当てた日本ハムの津田敏一球団社長。左は巨人の清武英利球団代表

プロ野球ドラフト会議 supported by TOSHIBA
 27日に東京都内のホテルで行われたプロ野球のドラフト会議で、日本ハムが東海大の菅野智之投手(22)を1位で指名した瞬間、会場は拍手とざわめきが起きた。巨人の原辰徳監督のおい。巨人が一本釣りするとみられた中での“強行指名”だった。

 交渉権が日本ハムに決まり、記者会見場に姿を現した菅野投手は口を真一文字に結んだままだった。憧れの巨人ではなく、落胆の表情が色濃くにじんだ。「多くの球団に評価してもらったことはうれしく感じる」と自嘲気味に話すのが精いっぱいだった。当初予定されていた野球部員からの胴上げなどは、大学側の配慮で中止となった。

 最速157キロの大型右腕。実力は高く評価されていたが、他球団は指名を回避した。日本ハムの山田正雄ゼネラルマネジャー(GM)は「一番いい投手に行こうと思っていた。春ぐらいから決めていた」と早い時期に一本化したことを明かした。交渉は難航も予想されるが「潜在能力は素晴らしい。球が非常に速く、ダルビッシュじゃないが変化球も多彩」と期待を寄せた。

[ 2011年10月27日 21:32 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(野球)

      ※集計期間:12月11日10時〜11時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      特集・コラム