PR:

【ソフトB2位】吉本祥二“下町のダル”にスカウトは「あれなら三振取れる」

足立学園の吉本

吉本祥二(よしもと・しょうじ)投手 18歳 東京・足立学園 1メートル87、78キロ
 「下町のダルビッシュ」の異名をとる長身右腕。夏の東東京大会1回戦では大リーグを含む15球団41人のスカウトが集結したほどの将来性豊かな逸材で、ネット裏のスカウト陣からは「東日本の高校生右腕ではNO.1」との声も複数から聞かれた。

 今夏は東東京大会4回戦で敗退。ストレートは最速149キロを計測しているが、コンスタントに出せるのは138~143キロ程度。これにスライダーとフォークが加わる。

 変化球の制球力はまだバラつきがあるが、腕の振り、球持ちがいいため、真っ直ぐが球速表示よりも速く見えるのが特長。指にかかった時のストレートはプロの1軍でも十分通用する。

 素材としてはかなり魅力的だが、下半身を中心に体作りをする時間が必要。下半身の使い方を含め、順調に育てば、ローテーションの柱になれる伸びしろ十分の投手だ。

 ▼広島・苑田聡彦スカウト部長「腕の振り、特にしなりが利いている。球はそれほど速いわけではないけど、球持ちがいいから、球速より速く感じる。打者は手元でホップするような感覚を受けるはず。ダルビッシュ2世といわれるのも納得、雰囲気も持っている。捕手次第でもっと良くなる」 。

 ▼巨人・山下哲治スカウト部長 「春先はC評価だったが、夏は別人のように成長してA評価になった。真っすぐもいいが、フォークとストレートの腕の振りが同じ。あれなら三振が取れる」。

 ▼ロッテ・松本編成統括「ダルビッシュというより楽天の岩隈タイプ。体力がつけば球持ちがもっと良くなり、球質も上がる。素材的にはかなり魅力のある右腕」。

[ 2011年10月27日 18:00 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(野球)

      ※集計期間:11月24日19時〜20時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      特集・コラム