×

小林陵侑がW杯今季3勝目 ジャンプ週間2度目の制覇へ勢い

[ 2021年12月20日 02:05 ]

ノルディックスキーW杯ジャンプ男子個人第9戦 ( 2021年12月19日    スイス・エンゲルベルク=ヒルサイズ140メートル )

小林陵侑(AP)
Photo By AP

 日本のエース小林陵侑(土屋ホーム)は合計306・0点で2戦ぶり今季3勝目、通算22勝目を挙げた。小林は1回目に132・5メートルを飛んで2位に付けると、2回目は136・5メートルを飛んで154・0点をマーク。2位のカール・ガイガー(ドイツ)に12・2点もの大差を付けた。

 ジャンプ男子個人戦は、これで前半戦を終了。年末年始には伝統のジャンプ週間(ドイツ、オーストリアでの4連戦)を控えており、小林陵は18~19年以来、3季ぶり2度目のジャンプ週間総合優勝とともに、史上初となる2度目のグランドスラム(4連勝)での総合優勝を狙う。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年12月19日のニュース