×

西矢 初優勝逃すも「楽しい1年だった」、東京五輪金イヤー準V締め

[ 2021年12月12日 05:30 ]

スケートボード 日本選手権第2日 ( 2021年12月11日    茨城・笠間芸術の森公園スケートパーク )

決勝に臨む西矢(撮影・小海途 良幹)
Photo By スポニチ

 西矢は準決勝が計13・20点で6位通過。決勝もベストトリックの3、4回目に連続して失敗し、初優勝を逃した。

 準決勝は板とホイール(車輪)をつなぐブッシュゴムが緩く、試技中に何度も調整。「調子が悪かった。楽しく滑れなかった」と言うが、決勝はきっちりと修正して実力を示した。

 優勝は逃したが「いろんな経験をして楽しい1年だった」と五輪イヤーを総括。早川コーチも「ピークを決勝に持っていった。戦い方を理解している」と評価した。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年12月12日のニュース