×

日大 36年ぶり優勝ならずも誇り、リーグ2位で選手権へ 指揮官「挑戦者として臨む」

[ 2021年11月29日 05:30 ]

関東大学ラグビー リーグ戦1部   日大71ー12法大 ( 2021年11月28日    秩父宮 )

<法大・日大>後半7分、リーグ戦ベスト15にも選ばれた日大・水間がトライ。スタンドの部員たちにガッツポーズ(撮影・篠原 岳夫)
Photo By スポニチ

 日大は総得失点差で36年ぶりの優勝には届かなかったが、最終戦も圧勝して誇れる2位。フランカー飯田主将(4年)は「最初の10分が勝負だと思っていた」と振り返った。

 他校と同じく8月はクラスター発生で活動が止まったが、「開幕が2週間後ろ倒しになったのはありがたかった。FWに4年が多いのでまとまっている」と中野克己監督。FW勢が前線で体を張り、後半はバックスを中心に7トライ。大学選手権へ「挑戦者として臨む」と話した。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年11月29日のニュース