世界エイズデーに合わせギリアド×千葉ジェッツ HIV啓発マッチを開催

[ 2021年11月29日 18:00 ]

千葉ジェッツのメンバー
Photo By 提供写真

 製薬会社「ギリアド・サイエンシズ」と男子プロバスケットボールの千葉ジェッツふなばしは29日、HIV感染症及びエイズの認知拡大などを目的に、12月4日に「HIV啓発マッチ」として茨城ロボッツ(船橋アリーナ)と試合を行うことを発表した。

 12月1日の「世界エイズデー」に合わせ、11月29日~12月4日の期間を「ギリアド×千葉ジェッツ HIV啓発ウィーク」とし、さまざまな情報発信を行う。

 また、12月4日は来場の方がHIV感染症について正しく理解できるようなコンテンツを一日を通じて用意。先着2300人に「HIV啓発パンフレット」を配布し、裏面のクイズに回答するとガラポン抽選会に参加できる。

 また、ハーフタイムには千葉大医学部附属病院の感染症内科・感染制御部の谷口俊文先生と千葉ジェッツMCによる啓発トークセッションも実施される。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「内村航平」特集記事

2021年11月29日のニュース