×

ワリエワがSP世界新87・42点で首位、トゥクタミシェワ2位 松生理乃7位 ロシア杯

[ 2021年11月27日 06:24 ]

フィギュアスケートGPシリーズ第6戦ロシア杯第1日 ( 2021年11月26日    ソチ )

SP世界新87・42点で首位のワリエワ(AP)
Photo By AP

 女子ショートプログラム(SP)では、15歳の新星カミラ・ワリエワ(ロシア)が世界新記録となる87・42点をたたき出し、首位発進した。冒頭の3回転半などを流れるように決め、アリョーナ・コストルナヤ(ロシア)が持つ世界記録85・45点を1・97点更新。SP、フリー、合計点全てで世界記録保持者となった。

 エリザベータ・トゥクタミシェワ(ロシア)が80・10点で2位、マライア・ベル(米国)が69・37点で3位だった。松生理乃(中京大中京高)は62・98点で7位スタートとなった。フリーは27日に行われる。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年11月27日のニュース