×

卓球男子団体銅 張本の5歳下の妹・美和にとって兄はコナンと楽天好き パリ五輪できょうだい競演目指す

[ 2021年8月7日 05:30 ]

東京五輪第15日 卓球男子団体3位決定戦   日本3ー1韓国 ( 2021年8月6日    東京体育館 )

男子団体で銅メダルを獲得した張本の妹・美和
Photo By スポニチ

 張本の5歳下の妹、美和(13=木下グループ)が、「お兄ちゃんって凄い選手なんだ」と知ったのは、6年ほど前のことだ。自宅がある仙台市に、水谷隼がやってきた。兄と練習をしていた。

 「それまでは卓球が好きで頑張っている人だと思っていた」

 普段の兄は、漫画「名探偵コナン」好きで、母特製のじゃがいもと豚肉の料理でご飯をかきこんでいるイメージ。部屋にはプロ野球・楽天のグッズを飾るほどの野球ファンで、卓球選手の認識が薄かった。日本のトップ選手と交流があると知って、驚いた。

 今は関東で同居する。昨年のコロナ禍は仙台市に戻り、一緒に練習した。「決めていた時間になっても練習をやめない。国際大会でも追い込まれてから強い。心が本当に凄い」。兄に刺激を受けながら、目指しているのは、24年パリ五輪できょうだい競演だ。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年8月7日のニュース