全米女子オープン制覇から1週間 笹生が会見「次の夢は世界一」

[ 2021年6月14日 13:29 ]

全米女子オープン優勝トロフィーを手に笑顔を見せる笹生(C)日本女子プロゴルフ協会
Photo By 提供写真

 ゴルフの全米女子オープンで優勝した笹生優花(19=ICTSI)が14日、日本女子プロゴルフ協会(LPGA)主催のリモート会見に出席した。

 カリフォルニア州に滞在している笹生は、夕食を取るために訪れた焼き肉レストランの駐車場に停めた車中から会見に参加した。

 「(普段は)ホテルのキッチンのテーブルに置いている」優勝トロフィーを抱えて笑顔で質問に答えた。

 会見の途中には「ご飯食べながらでもいいですか」と仰天要望!?これは司会者に却下されたが、最後の質問が終わるとレストラン内で待っていた父・正和さんらと合流する様子を“国際中継”した。

 日本女子3人目の海外メジャー制覇から1週間。笹生は「インタビューだったり1週間でいろいろあったので忙しかったけど、次の試合が近付いてきたので、次の試合に向けて練習している」と現況を報告した。

 今後は17日開幕のメイヤー・クラシック(ミシガン州)は回避し、24日開幕の全米女子プロ選手権(ジョージア州)でツアーに復帰する。メジャー2連勝がかかるが「まず楽しんでゴルフをする。経験も受け入れて、自分が納得できるゴルフをしたい」といつも通り平常心で臨む。

 快挙を成し遂げた19歳は「次の夢」を聞かれると「ゴルフ始めた時からの夢が世界一なので、世界一になることです」ときっぱり言い切った。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年6月14日のニュース