大坂への対応は問題なかった 大会主催者が総括会見で見解示す

[ 2021年6月14日 05:30 ]

大坂なおみ
Photo By スポニチ

 大会主催者が総括会見を開き、精神的負担を理由に記者会見を拒否し、1回戦後にうつを告白して棄権した大坂なおみ(日清食品)への対応は問題なかったとの見解を示した。

 処分を説明するレターを送るなど接触を試みたものの、代理人すら本人の意図をつかめなかったという。元トップ選手のナタリー・ドシーさん(フランス)から、大坂は米フロリダ州で家族と休暇中との情報がもたらされたことも明かした。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年6月14日のニュース