笹生と同じ「新世紀世代」西郷真央&山下美夢有が2位 山下「最後に自分のプレーができた」

[ 2021年6月14日 05:30 ]

女子ゴルフツアー 宮里藍サントリー・レディース最終日 ( 2021年6月13日    兵庫 六甲国際GC=6517ヤード、パー72 )

5番、ティーショットを放つ山下美夢有(撮影・井垣 忠夫) 
Photo By スポニチ

 全米女子オープンを制した笹生と同じ「新世紀世代」の西郷と山下がともに2位フィニッシュ。

 前半でスコアを4つ伸ばし、一時は首位に並ぶなど67をマークした山下は「最後に自分のプレーができた。初日、2日目、3日目と徐々に良くなってきたので良かった」とうなずいた。

 68で回った西郷はツアー自己最高順位だ。最終18番をバーディーとし、「ショットも安定してきて、パッティングも上向き。今後につながるプレーだった」と振り返った。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年6月14日のニュース