体操・北園が出場5種目で高得点 「代表は僕しかいないという意地の演技を見せたい」

[ 2021年6月6日 05:30 ]

体操全日本種目別選手権第1日 ( 2021年6月5日    群馬・高崎アリーナ )

鉄棒で華麗な演技を見せる北園丈琉(撮影・光山 貴大)
Photo By スポニチ

 男子団体の代表入りを目指す18歳の北園は、出場5種目で高得点をそろえた。

 4月の全日本選手権の演技中に右肘じん帯損傷を負った因縁の鉄棒は14.866点で2位。「ケガがよぎって、めっちゃ怖かった。絶対、大丈夫と言い聞かせて、バーに飛びついた」と振り返った。

 谷川航の代表入りが濃厚で、ラスト1枠を巡って杉野を追いかける展開。「代表は僕しかいないという意地の演技を見せたい」と意気込んだ。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年6月6日のニュース