跳馬・米倉 「ヨネクラ」は“60点”も決勝へ気合 内村との種目別代表1枠争い「食らいついていく」

[ 2021年6月6日 05:30 ]

体操全日本種目別選手権第1日 ( 2021年6月5日    群馬・高崎アリーナ )

跳馬で華麗な演技を見せる米倉英信(撮影・光山 貴大)
Photo By スポニチ

 内村と種目別代表の1枠を争う跳馬の米倉は、15.016点で選考ポイントを30点上乗せした。

 自身の名前がつく高難度技「ヨネクラ」では着地が乱れ「自分的に60点くらいの出来」と悔しそうだったが、「(内村と)2人の演技を注目して見てくれる。いつもより力が出た」とも話した。

 内村を追う形で臨む決勝へ「何が起きるか分からない。負けじと食らいついていく」と気合を入れた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年6月6日のニュース