×

山県亮太 日本新記録の9秒95 サニブラウンの日本記録を0秒02縮める

[ 2021年6月6日 15:02 ]

陸上・布勢スプリント ( 2021年6月6日    鳥取市・ヤマタスポーツパーク陸上競技場 )

布勢スプリント 男子100メートル決勝、9秒95の日本新記録で優勝した山県亮太(代表撮影)
Photo By 代表撮影

 男子100メートル決勝で、山県亮太(28=セイコー)が9秒95(追い風2メートル)を出し、日本新記録を樹立した。

 これまでの日本記録は、2019年にサニブラウン・ハキーム(タンブルウィードTC)が出した9秒97で、0秒02縮めた。

 日本人では4人目の9秒台となった。

 山県はこの日の予選で10秒01(追い風1・7メートル)を出し、東京五輪参加標準記録の10秒05を突破。10秒00の自己記録に肉薄する好記録をマークし、レース後は喜びの表情を見せていたが、決勝ではさらなる喜びにあふれた。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年6月6日のニュース