二子山部屋 所沢から葛飾区移転へ、春場所で閉鎖の東関部屋使用予定

[ 2021年4月7日 05:30 ]

 大相撲の二子山部屋が埼玉県所沢市から東京都葛飾区に移転する方向であることが6日、分かった。関係者によると春場所限りで閉鎖した東関部屋の建物を使用予定で、土地を所有する葛飾区との契約手続きが完了すれば、夏場所(5月9日初日・両国国技館)前にも引っ越す。

 二子山部屋は18年4月に二子山親方(元大関・雅山)が藤島部屋から独立して新設した。春場所の番付で幕下以下11人の力士が在籍している。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年4月7日のニュース