福岡国際マラソン今年で終了…エリート選手のみの大会は不採算

[ 2021年3月27日 05:30 ]

昨年の福岡国際マラソンで初優勝した吉田祐也
Photo By スポニチ

 日本陸連は26日、五輪や世界選手権の男子日本代表選考会を兼ねてきた福岡国際マラソンを今年12月5日の第75回大会を最後に終了すると発表した。市民参加型の大規模大会に比べ、エリート選手のみの大会は不採算となったことなどが要因。オンラインで会見した尾県貢専務理事は「今後の見通しを協議した結果、大会開催の継続が困難との結論に達した」と説明した。

 男子マラソンではびわ湖毎日マラソンが同様の理由で今年2月の大会を最後に滋賀での開催を終え、大阪マラソンに統合。福岡国際も11月の福岡マラソンとの統合を検討したが尾県専務理事は「より良いコースにして合併を提案したが、いろんな事情でかなわなかった」と明かした。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年3月27日のニュース