三段目・響龍 取組中負傷で医師が土俵に 頸椎圧迫の可能性も

[ 2021年3月27日 05:30 ]

大相撲春場所13日目 ( 2021年3月26日    両国国技館 )

響龍が動けなくなり、医師(中央手前)が土俵上に上がる(撮影・郡司 修)
Photo By スポニチ

 三段目の力士が取組中に負傷し、医師が土俵に上がるアクシデントが起きた。

 勝ち越しがかかった今福―響龍戦。土俵際での今福のすくい投げで響龍が頭から土俵に落ち、うつぶせのまま動けなくなった。物々しい雰囲気に包まれる中、医師が土俵に上がり、容体をチェックした後に担架に乗せられ救急搬送された。響龍は意識はあるが、頸椎(けいつい)が圧迫されている可能性があるという。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年3月27日のニュース